どう考えても自分がクビになる未来しか見えない

outernet-logo.png
ゲーム業界の未来について考えてみる。

どっちかというと俺自身の備忘録的なメモで
読んでいて「なるほど」と思えるのはゲーム業界で何年も働いているベテランくらいだと思う。なのでつまらなかったら途中でページ閉じちゃってください。



ゲーム業界の未来において重要なキーワードは「グローバル化」と「AI」である。


コンシューマは言うまでもないが、「荒野行動」とかの外国産のスマホゲームがいくつも日本市場でヒットしているように、日本のゲーム市場においてもグローバル化の波はもうとっくに来てはいるんだけど今後はより指数関数的な速度で拡大していくだろう。

また世界のマネーもどんどん発展途上国と言われているところに流れ込んでいて
東南アジアやアフリカ諸国でもゲームに金を出せるミドル層が増えている。

インフラ面でも今年の5Gとかその次の6Gとか、やがてアウターネット(エクストラネット)みたいに地球全体を丸ごとWiFiに繋げる動きもグーグルやFacebookが推進しているので、来るのは時間の問題だろう。するとインフラがさらに整備されて東南アジアやアフリカもマーケットとして大きく伸びる。

スマホゲーム市場はピークアウトしたという見方をしている人もいるが2.0、3.0といったイノベーションの余地はまだまだ残されているのが現状だ。


だからいま日本のゲーム会社がやっておくべきことは海外の開発事例をいかに増やしてノウハウをライブラリ化して貯めておくことだ。このノウハウは価値が上がっていくから。

開発者個人やプロデューサー個人の視点からも

「海外のクリエイターと一緒にゲーム開発した経験があります」
「あいつらマジで我が強いっすよね。でも付き合い方、回し方は習得してますよ」

みたいなノウハウを積んでおくと、次の時代にも対応できる人材だと会社側に誤解させることができるしw転職市場においても価値があがる。

逆に日本人開発者同士で日本人向けにゲーム開発しました、なんてノウハウは今後価値が減っていく。


とはいえそれで食える期間もそんなに長くない。
現状ですら厳しいのにグローバル化が行きついてしまうと日本のゲームが世界でポジションを取るのはほとんど無理だろう。


中国はものすごい勢いで日本の開発ノウハウ、アートを習得しているし何しろ人口10億人いる。
日本で一番の天才が中国には同時に10人沸くのだからどうしようもない。これはゲーム業界以外の全ての業界において同じだけど。

コスプレ業界だって最近はコミケでバズるのは中国出身の娘がかなり増えた。そりゃ日本で1番の美女レベルが中国では10人沸くんだから。
あとは宇垣アナとかのガチプロが殴りこんでくるんだから読モレベルとかPhotoshopレイヤーは秒で駆逐されるよね。


そのうえで最後はトラディショナルなゲームしか残らない。
観光産業と同じである。京都を観るなら日本に来るしかなくて、そのために飛行機10時間乗って外人がやってくるわけで。
逆に言えば京都を観たいと思わなければ外人がわざわざ日本にやってくる動機もない。

だから「日本人にしか作れない日本のゲーム」っていう極めてニッチなゲームを細々と売っていくだけになる。そうなったら俺の居場所はたぶんない。



もう1つのキーワードはAIである。

これまでのゲーム開発はクリエイターの直観で作られており判断の過程とその結果というデータが取れてないんだけど、それが取れるようになればイノベーションが起きる。

AI、機械学習っていうのは別に難しいことは何もなくてただの統計なわけ。(人工知能とは別ね。)

ざっくり言うと結局はもうリソースの問題でしかない。いかに膨大な量のデータを溜め込むシステムを構築するかと、そこから統計上の最適解を出力するスパコンみたいなのを用意できるかっていうだけの話である。

エンドは誰でも操作できるようになる。AIを活用するのにエンジニアである必要はない。
「ここに数字を入れて決定ボタンを押すと結果がでますよー」というレベル。もちろん箱の中身は専門家以外触っちゃだめだけど。

マクロゴリゴリのエクセルファイルで「マクロをいじったりセルのコピペ禁止」って注意書きがあるやつと同じ。

するとゲームプランナーやディレクターが「ここの機能をどうしよっかー」って現場でやってた部分のソリューションをAIが出してくれる。

スマホゲームのチュートリアルの長さをどうするかーっていうときにAIが「5分で終わると継続率75%、6分超えると70%、7分超えたら65%です」って言ってくれるようなもの。主人公の武器は剣と銃のどっちがいいかなとか。髪の色とかでも。

するともうプランナーもディレクターもいらなくなる。


昔のエニックスはプロデューサーしかいないプロデュース専門会社だったけど、未来のゲーム会社は一周回ってまた旧エニックスの元の形に戻るんじゃないかな。
AI技術者と精鋭プロデューサーだけがいればいい。


日本の大手ゲーム会社でそれをいち早く実現できたらたぶん俺はクビになる。
精鋭プロデューサー枠に入れればワンチャンあるけどそこまで自信過剰でも能天気でもない。

まあそれができたら「世界を代表する日本最強の大手ゲーム会社」っていう形になれて会社や株主にとっては大成功でウハウハな未来ではある。俺はクビだけど。

もしくは大手ゲーム会社がイノベーションのジレンマに陥って古いことから脱却できずにもたもたしてれば、それを成し遂げたテンセントかグーグルアマゾンあたりの子会社になって知的財産だけ吸い取られて開発者は全員クビになる。

まあどちらの未来も俺がクビになるのは同じなんだけど。
合理的に考えるとそういう結論になってしまうので、なんとか予想が外れて欲しい。



念のため補足だけど暗い未来を考えて鬱になっているわけでは全くない。
人生の楽しさ10点満点で10点取りながら毎日楽しく暮らしている。
嫌なことや大変なこともあるけど料理には唐辛子や胡椒が多少入ってた方が色々引き立つのと同じ。


時代の進化が思ったより遅かったらクビになる前にリーマン卒業になるかもしれないし、
来たら来たでクビになる際に早期退職金と失業保険でも貰って金をかけずに毎日ネトフリでもみて楽しく生きるってのも悪くない。

あとその場その場の判断力と適応力さえ高めておければどんな未来が来てもそれに順応すればたぶん何とかなる。

それに日本が焼け野原になってしまえばその時フリーターだろうが年収5億だろうが大して変わらんし。




ゲーム制作 ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
面白かったらポチっとお願いします


ブログトップページに戻る