ブロックチェーンとゲームの未来、世界の未来

a1380_000958_m.jpg

今回は未来の話をしよう。


ゲーム業界の最新動向として
いまブロックチェーンゲームというものが注目されている。


ブロックチェーンと言えばビットコインなどを想像する人もいるだろう。

ちょうど1年前に1ビットコインが200万円をつけるなど何かと世間の話題をさらっていた。

そんなブロックチェーンの技術がゲームと融合を果たそうとしている。

背景として世界の金融と先端テクノロジーが結びついた
金融テクノロジー組織の暗躍がある。



新しいものが普及するには3つのステージがある
1.人に知ってもらう
2.サービスやコンテンツが増える
3.ユーザーが増える

仮想通貨は1のステージはクリアできた。

だが次の課題として
・実際に持っている人が少ない
・実際に使い道が少ない
という問題がある。

そこを打開するために「ゲームを利用できないか」と
組織の人たちは考えたわけだ。


ゲームというのはネトゲなどでもそうだが
小さな社会実験をするうえでは最適な場所なのだ。



ではブロックチェーンゲームを簡単に説明しよう。
例えばスクエニが新作ドラクエをブロックチェーンゲームとして出すとする。

スクエニはまずスクエニコインを発行する。
価格は1ビットコイン=1スクエニコインとする。

そして「ロトの剣トークン」を1スクエニコインで1000人に売るとする。
するとユーザーがスクエニコインを購入して「ロトの剣トークン」を買う。

ユーザーの目的は2つ
・ロトの剣を使ってゲーム内で楽しむ
・ロトの剣が今後値上がりが期待できるので売却益を得る




いわゆるネトゲのRMTに近いのだが、RMTと決定的に違うのは
「その新作ドラクエのサービスが終了しても問題がない」という点があげられる。



例えばモンストやFGOの超強いアカウントは裏で高値で売れる。
だがサービスが終わってしまえばそのアカウントは無価値だ。

だが「ロトの剣トークン」は、新作ドラクエのサービスが終わっても価値は下がらない。
なぜなら新作ドラクエ2を作っていて
ロトの剣トークンはその続編でも利用できるという形になる。


むしろサービス終了した後のほうが
「次回作で使える。次回作の発表が近い」
などの思惑により値上がりする可能性すらある。


ではもしスクエニが倒産したら
ロトの剣トークンは無価値になるか、というとそうではない。

スクエニが倒産したら海外の大手ゲーム会社などが買収するだろう。
スクエニが持つ知的財産、過去のソフトウェアの権利には価値があるのだから。

すると新しいオーナーがまた新しいドラクエを作るだろう。すぐに作らなかったとしてもいずれ作るかもしれない。一時値下がりはするが続編制作決定のニュースと共に爆上げだ。
だから倒産してもトークン自体は無価値にならない。




ブロックチェーンゲームのユーザーは
「ゲームをすると金を稼げる」ようになる。


ドラクエのクリアデータが高値で他人に売れるようなものだ。

現状RMTで稼いでいる人もいるが
それを誰もが当たり前のように堂々とやる世界になる。


現状でゲームを遊んで公に金を稼げる人は2パターンある。
1.ゲーム実況者
2.プロゲーマー

これらにはある種の才能や努力が必要で大多数の一般人には無理だ。

だがブロックチェーンゲームの時代になったら
俺でもあなたでも、誰でもゲームを遊んでそれで飯が食えるようになる。

30〜40年後にそんな未来がきたら俺は微々たる年金を貰いながら
ゲームをやりつつ生活費の足しにしようかと思っている。



さて、金融テクノロジー組織は別にゲームで儲けたいわけではない。
それを足掛かりに世の中の全てのものや概念をブロックチェーンと融合をさせる、
というのが彼らの真の野望だ。



ルーブル美術館やナポレオンの王冠をトークン化することもできる。

ナポレオンの王冠の保有者が、ナポレオンの王冠トークンを発行発売したとする。
すると0.01トークン以上持っている人は「年に1回頭に被ることができます」
0.1以上持っている人は「1週間のあいだ自宅に飾っていい」
となったらZOZOタウンの社長なら買うかもしれない。

ルーブル美術館トークンを0.0001以上持つ人は入館無料。
0.1以上持っている人はいつでも秘蔵の倉庫に入れて
未公開作品も全て自由に閲覧OKってなったら
これもまた世界の金持ちが買うかもしれない。



人間もトークン化できる。

もし俺トークンを俺が1だけ発行して0.1を1億円で売り出したら誰か買うか?
保有者は俺の人生の1/10を自由にしていい。

まあ俺みたいなただのおっさんトークンには高値はつかないだろう。


だが橋本環奈トークン、本田翼トークン、孫正義トークンだったらどうする。

本田翼トークンは0.1で50億円、0.01で5億円だ。
それで彼女の時間や人生を1/10、または1/100だけ好きにしていいぞ。必要なくなったらそれを欲しがってる誰かに高値で売却していい。

もし本人が何億円か必要になって一部トークンを売りに出したとして、さて、誰か買いたい奴はいるかな?



そしてそんな世界で
あらゆるヒトやモノ、概念がトークン化され
そのトークン発行手数料、トークン売買手数料を牛耳れる組織になれたら
天文学的な利益を稼げると思わないか?


映画に出てくる世界征服とか言ってる悪の組織よりはるかにスケールがでかい。ろくでもないクソみたいな未来だが。



さて、今年も1年ありがとうございました。

何とか「今年は毎月1回記事更新」という俺クエストを達成できた。

そのせいで平成最後のクリスマスイブの祝日に
時間をかけてPCの前で文字を打たねばならなくなったがそれもまた一興である。

来年もよろしくお願いします。
よいお年を。



ゲーム制作 ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
面白かったらポチっとお願いします


ブログトップページに戻る