ダーツの勧め

fa279bdee42a1a3a85f45468b8fad201-500x332.jpg

ゲーム業界ではesportsが話題になっているけど
いまオンラインダーツの人気が上がってきている。

いま俺は週3~4回くらいの頻度で投げている。
さくっと30分くらいの日もあれば2時間くらい投げることもある。

ゴールデンウィークは海外に行くことも多いんだけど
今年はずっと満喫でダーツをしていた。



ダーツとはボード版に3本の矢を投げて得点を競う。
BARとかで1回くらいはやったことある人もいると思う。


ダーツの起源は500年くらい前と言われている。
イギリスで百年戦争の時代に酒場で酔った兵士がワイン樽に向けて矢を投げたのが始まりだ。


ワイン樽は高価なので矢でぶっ壊すのももったいないので
木をスライスして年輪の中心、ひび割れを利用して的を狙うようになった。
それがスコアボードの原型だ。

また投げやすくするために矢は小型化していった。

矢が木の板にちゃんと刺さるためにはある程度水で濡らして柔らかくする必要がある。
だがそうするとカビるし臭い。
なので近代になると化学の進化に伴って、より良い素材が用いられるようになる。

そして現代になると今の格闘ゲームみたいに
離れた場所でオンライン対戦ができるようになった。

自分の腕前のレーティングもサーバーで管理され、コミュニティも活性化して競技人口が増えてきている。



ダーツは「お手軽なゴルフ」と表現してもいいかもしれない。

ゴルフもダーツも理屈としては物理学で説明できる。

適切なフォームで力が正しく物体に伝わっていれば綺麗に真っ直ぐ飛び
それによってスコアが伸びる。あとはフォームを崩さない精神力も必要だ。




人間は自分で思っているほど自分の肉体を
コントロールできていないことに気付かされる。

ボールを投げることは誰でもできるが
「投げる」とは何かを説明しろと言われると厳しい。

ボールを持った腕を前に突き出した際に
どのくらいの速度や角度で、指・掌・手首がどう動くべきかはうまく説明できない。

頭で考えると人はボールを投げられなくなる。

だがこれを考えてしまうとイップスという病にかかる。
プロ野球選手がボールを投げられなくなるなんて一般には信じがたいが。



興味があればぜひプレイしてみてほしい。
「ダーツ 初心者」で検索すればいくらでも解説が出てくるし

満喫なら30分でソフトドリンク飲み放題で250円くらいで遊べる。
ゲーセンなら1回100円だ。
レンタルダーツもタダで貸してくれる。



フットサル程ではないが手足に筋力がつくのも良いし、
ネット対戦で極限まで集中力を高める一瞬がある、というのも1日にメリハリがあって良い。



ただしダーツで女にモテるなんてのは幻想だ。
プレイしてるのは男ばっかりで女自体あまり見かけない。

逆にあなたが女なら男から相当モテると思うのでオススメだ。
「上手ですね~。投げ方教えてください~」とか言えばおそらくイチコロだろう。

工学部の女みたいに男選び放題のオタサーの姫状態になれる。かもしれない。



ゲーム制作 ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
面白かったらポチっとお願いします


ブログトップページに戻る